静岡県外の大学に進学する学生は7割を超えていますが、そのうち県内に戻って就職した人は、4割以下となることがわかりました。

 経済団体や大学などで作る「しずおか産学就職連絡会」は、2016年に県内の高校を卒業したおよそ3万2000人の進路と就職状況をとりまとめました。
その結果、県外の大学に進学した人は72%で、そのうち県内に戻って就職したのは35%にとどまりました。
特に首都圏の大学からのUターン率は30%と、前回調査の32%に続き低い水準です。
 一方、県内の大学を卒業後、そのまま県内で就職した県外出身者は19%と低く、就職支援財団は「県外出身の学生への就職支援が人口減少を食い止める鍵となる」と分析しています。
 

This article is a sponsored article by
''.