顔見知りの女性に性的暴行を加えたとして、元警察官の男が逮捕されました。男は「酒を飲んでいた」と話しています。
画像: 30代女性に性的暴行の疑いで62歳の元警察官を逮捕 「女性にわいせつな行為をしてしまった。酒を飲んでいた」と話す 静岡県警

 強制性交等の疑いで逮捕された62歳の元警察官の男は去年10月、静岡県東部地区の施設内で、顔見知りの30代の女性に性的暴行を加えた疑いが持たれています。女性にけがはありませんでした。男は元警察官で、当時は裾野警察署管内の交番に相談員として勤務していました。去年11月に依願退職しています。

 警察によりますと、事件の翌日に元警察官の妻から「夫が帰ってこない」と警察に相談がありました。警察が元警察官を発見して、事情聴取をした際に「女性にわいせつな行為をしてしまった。酒を飲んでいた」と話したということです。

 静岡県警は「警察職員として言語道断であり、県民の皆様に深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

This article is a sponsored article by
''.