静岡県は40歳から74歳までの71万人を対象とした2018年度の特定検診のデータを分析しました。その結果、内臓脂肪が過剰に蓄積され、生活習慣病の要因となるメタボリックシンドロームの該当者や予備軍が男女ともに前の年より増加したことがわかりました。
メタボ該当者、予備軍の増加は2013年以降、5年間続いていて、男性で38.2%、女性で11.4%を占めています。県は運動不足や生活習慣の乱れが背景にあるとみていて、「健康課題の解決・予防に向けた取り組みを支援する」としています。
画像: 男性の3人に1人以上「メタボ」か「予備軍」…5年連続増加 背景に運動不足と生活習慣の乱れ 静岡県 youtu.be

男性の3人に1人以上「メタボ」か「予備軍」…5年連続増加 背景に運動不足と生活習慣の乱れ 静岡県

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.