リニア中央新幹線工事の水問題をめぐって、3月14日国交省と静岡県の大井川流域の市長らが意見を交わしました。
画像: リニア工事めぐり3回目の意見交換 国交省と静岡県の大井川流域市町 youtu.be

リニア工事めぐり3回目の意見交換 国交省と静岡県の大井川流域市町

youtu.be

 意見交換は2月に続き通算3回目です。
 JR側が、トンネル湧水の県外流出のリスクを認めた2月の国の有識者会議の内容について、国交省が市長・町長に説明しました。意見交換の模様はこれまでと同様に非公開でした。

国交省 上原淳鉄道局長:「首長からはより分かりやすい説明に努めてほしいと。国の役割として、JR東海に対する指導をしっかりしてほしいと」

島田市・染谷絹代市長:「すべてをあきらかにすることは、科学的にも無理な話。不確実性は必ず伴う。そういった中でどれだけリスク回避ができるのか、どんなリスクがあるのか、リスクをどう管理するのかという議論はまだこれから」

This article is a sponsored article by
''.