静岡県では9日、新たに23人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。1日あたりの新規感染者は、3日連続で20人を上回っています。自治体別の新規感染者は、静岡市で9人、御前崎市で2人、浜松市と長泉町でそれぞれ1人となりました。

焼津市のクラスター広がる…換気十分も狭いスペースでマスクせず合唱

画像: 焼津市のクラスター広がる…換気十分も狭いスペースでマスクせず合唱

 そして、きょう最も多い10人の感染者が確認されたのが焼津市です。その焼津市では8日、合唱サークルに参加していた5人の感染が判明し、新たなクラスターとなりました。さらに9日、新たに5人の感染が判明、このクラスターの関連は計10人となりました。換気は十分に行われていたそうですが、住宅の一室、6畳2間程度のスペースにおよそ10人が集まって、2時間ほどマスクをせずに合唱の練習をしたということです。

 静岡県は「感染リスクがかなり高まっていた」としていて、屋内で合唱・歌唱する場合には、換気やマスク着用の徹底を呼び掛けています。

静岡市では新たに3人が変異ウイルス陽性

画像: 静岡市では新たに3人が変異ウイルス陽性

静岡市担当者
「本日、新たにきのうまでに4検体の検査を実施し2検体が陽性と判明。さらに国立感染症研究所が依頼する民間検査機関より、1検体陽性判明したと報告がありました」

 静岡市で新たに3人が変異ウイルスに感染したことがわかりました。そのうちの2人は県外の感染流行地域への滞在歴がなく、静岡市は市内で初めて感染経路不明の変異ウイルスの感染者としています。4日前に初めて変異株感染者が確認され、直近5日間で感染が9人まで拡大しました。

 さらに静岡県も9日、東部保健所管内の感染者1人が変異ウイルスに感染していたと発表しました。ウイルス量が少なく、ゲノム解析はできなかった、ということです。これで県内での変異ウイルス感染者は50人となりました。

This article is a sponsored article by
''.