6月の静岡県知事選を巡り、擁立が調整されていた自民党の岩井茂樹参議院議員が、出馬の意向を党幹部に伝えていたことが関係者への取材で新たにわかりました。
画像: 自民党・岩井茂樹氏が出馬の意向 静岡県知事選は川勝氏との「一騎打ち」か youtu.be

自民党・岩井茂樹氏が出馬の意向 静岡県知事選は川勝氏との「一騎打ち」か

youtu.be

 関係者によりますと、参議院静岡選挙区選出で国土交通副大臣を務める自民党・岩井茂樹議員は、13日までに知事選に立候補する意向を固め、東京で上川県連会長らと山口選挙対策委員長に面会、出馬の意思を伝えたということです。現在、最終的な調整が進められています。
 14日朝、自民党県連の中沢公彦幹事長が岩井議員の擁立について、静岡朝日テレビの取材に応えました。

中沢幹事長(静岡市葵区・午前8時半)
「現時点においては、様々な関係者の皆さんと協議をしているというところですから、それ以上のことは、現時点でお伝えすることはまだありません。まずは我々県議団、15日あす緊急招集して、あすの15日対応したいと思います。新しい静岡を新しい知事のもとで、県民の皆さんに、幸せを提供できるしっかりとした静岡の発展を作っていきたいと思っています」

 岩井氏が出馬すれば、13日に立候補を正式表明した現職の川勝平太知事(72)との事実上の「一騎打ち」の構図となります。
 選挙戦となる可能性が出てきたことに川勝知事は

川勝知事(県庁・午前10時ごろ)
「誰が出ようと個人の自由。個別にいちいちコメントつもりはない」

 静岡県知事選は6月3日告示、20日投票です。

This article is a sponsored article by
''.