一足早く無投票当選を決めていた新しい静岡県磐田市長の草地博昭氏にも、19日、当選証書が渡されました。
画像: 県内最年少の市長に当選証書 39歳・草地博昭氏「みんなが主役の街づくりを…」 静岡・磐田市 youtu.be

県内最年少の市長に当選証書 39歳・草地博昭氏「みんなが主役の街づくりを…」 静岡・磐田市

youtu.be

 任期満了にともなう磐田市長選挙に、無投票で当選した草地博昭氏(39)は磐田市出身、市議会議員を経て市長に就任しました。39歳は県内で最も若い市長となります。

磐田市 草地博昭新市長:「新型コロナウイルスの感染拡大については、市民の皆さんがワクチン接種含めて心配されておりますから、力を入れていきます。フットワークの軽さが自分の中で取り柄だと思ってます。これからもしっかり歩いて、市民の皆さんと対話しながらみんなで作る街づくり、みんなが主役の街づくりを意識しながら対話による市民中心の街づくりをしたい」

This article is a sponsored article by
''.