6月の静岡県知事選に向け、自民の岩井茂樹氏は静岡市で事務所開きを開きました。一方、現職の川勝平太氏は公務をこなしつつSNS戦略に力を入れる構えです。

岩井氏は静岡市で事務所開き

画像: 岩井氏は静岡市で事務所開き

 静岡市で13日朝、知事選に出馬表明している岩井茂樹氏(52)の県中部の事務所開きが行われました。ただ、岩井氏本人は不在で、代わりに弘美夫人が挨拶に立ちました。

岩井弘美さん:「岩井本人だが、本来より入っていた国会での政務と知事選に向けての準備ということで、準備が全て整い次第静岡県に入る。昨夜とけさも本人から連絡があり、くれぐれも皆様によろしく伝えてほしいという言葉を受けた」

田辺市長の姿も

 関係者を驚かせたのは、岩井氏の事務所開きに、静岡市の田辺信宏市長が姿を見せたことです。田辺市長はこれまでも岩井氏に期待を寄せる発言をしていました。

静岡市 田辺信宏市長(4月23日)
Q.(市長は)川勝氏とはあつれきもあるが、岩井氏に対して期待は?

A.「若いので、よりよい県政を私は目指すんだという胆力をもって訴えていただきたいなと思います」

 きょうの出席で、「岩井氏支持」を鮮明にした形の田辺市長。県中部事務所には、他に焼津市の中野市長、牧之原市の杉本市長の姿もありました。

岩井氏夫人から

岩井弘美さん:
「各市町の首長の皆さまと連携のとれた新しい静岡を目指していく所存。この日が静岡の未来を開く第一歩となるように、皆様の力をどうか貸してください。全力で頑張ってまいるので、よろしくお願いします。きょうは本当にありがとうございました」

東京にいる岩井氏は先日、国土交通副大臣を退任。12日に参議院議長あてに議員辞職願を提出し、14日の本会議で承認される見通しです。

岩井茂樹氏(12日):「きょう、辞職願を出させていただいて、いろんな思いがありますが、退路を断って静岡の県知事選に臨むということなので、次の戦いにこれで全力投球できる環境が整ってくるんではないかと思います」

岩井氏が所属する竹下派の会長「決まったからには、しっかり応援」

岩井氏が所属する竹下派の竹下会長は。

竹下亘会長(13日 正午ごろ):「知事選挙と言う選択はないんじゃないかという思いがあって、正直最初反対しました。が、本人の意志も固く、決まったからには仲間であります。みんなでしっかり応援していかなければならないと感じている」

 自民党本部は12日、慎重論もあった中で、岩井氏に推薦を出すことを決めました。党本部が静岡県知事選で推薦を出すのは、12年前の坂本由紀子氏以来です。正式には14日に菅総裁から岩井氏に推薦証が手渡されます。

岩井茂樹氏(12日):「あの、推薦が出れば大変ありがたい話です。と同時に、まず地元の皆さんとまずは思いを一つにして選挙選に立ち向かっていきたいなという思いがございます」

川勝氏は静岡市で企業トップと意見交換

 一方、現職の川勝平太氏(72)は13日、静岡市内のホテルで、「知事を囲む産業懇話会」という会合に出席、県経営者協会の中西勝則会長ら企業トップと意見交換を行いました。

中西会長
Q.川勝知事への期待、評価などは?

A.「全体的な評価は避けたいと思いますけど、きょうみたいな会をやっていただいて本当にありがたいと思います」

Q.知事選において注目したいポイントは?

A.「やはりアフターコロナ、どういうふうにしていくか。それからコロナが長引いたら、その間の経済活動をどうしていくか。これは大きな課題だと思います」

川勝氏「国交省とJR東海の強引なやり方で水は守れない」

 その後、川勝氏はリニア新幹線工事で大井川の水が失われる恐れがあると訴える市民団体と面会、水資源の保全を求めるおよそ2万筆の署名を受け取りました。

画像: 川勝氏「国交省とJR東海の強引なやり方で水は守れない」

市民団体
「この命の水が失われるようなことがあってはいけない」

 川勝氏はリニア問題が今回の知事選の「最大の争点」になるとの考えを示しています。

川勝平太氏:「国交省とJR東海の強引なやり方で水は守れない。守れると言っているが守れないと思っている。ここは頑張らないと、これで私はあす刺されても、皆さんがいるから大丈夫」

川勝氏には労働組合組織・連合静岡が推薦を出し、立憲民主党と国民民主党が支援する方針です。また、共産党も川勝氏への「自主的支援」を決めています。

 ただ、川勝氏は、新型コロナの感染が拡大していることから、選挙期間中も基本的に選挙活動はせず、公務に専念するとしています。

SNS中心に…ツイッターに「へいたくん」開設

ふじのくに県民クラブ 阿部卓也選対本部長:「従来型の人を集めて発信をするということだけではなく、SNSを中心とした態勢を構築し発信していく」

陣営は5日前に、ツイッターに「へいたくん」というアカウントを開設。知事室でお昼にパンを食べる姿や、花に囲まれた姿を投稿するなど親しみやすさをアピールしています。

 そして、YouTubeでの動画配信も…。

川勝氏:「みなさんこんにちは。4月13日に県知事選に出馬表明しました川勝平太です。一方で、リニアは静岡県特有の問題です。南アルプスの自然を守るのか、経済効率を優先させるのか、それが問われています。ですから今度の県知事選はとても大事です」

川勝氏は、岩井氏は「国土交通省の顔」であり、リニア新幹線を推進する側だと主張しています。

岩井氏(8日)
Q.知事は(岩井氏を)国交省の顔だと…

A.「その発想自体が静岡県の県政をダメにしているのではないか。基本的に大井川の水については、地域住民の理解をしっかりいただくこと。あとは協力がない限りは工事はできないと思っている」

画像: SNS中心に…ツイッターに「へいたくん」開設

 岩井氏はあす14日に出馬会見を開き、リニア問題を含めた詳しい政策を発表する予定です。

 川勝氏と岩井氏の事実上の『一騎打ち』となる見通しの知事選は、来月3日告示、20日投票です。

This article is a sponsored article by
''.