静岡県内では28日、新たに120人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。過去3番目に多い数で、県は警戒レベルの引き上げを検討しています。
画像: 【新型コロナ】静岡県の感染者急増…警戒レベル引き上げへ 新規感染者120人の半数が県東部 県は外出自粛を呼びかけ youtu.be

【新型コロナ】静岡県の感染者急増…警戒レベル引き上げへ 新規感染者120人の半数が県東部 県は外出自粛を呼びかけ

youtu.be

静岡県健康福祉部 後藤幹生参事:「1週間で新規感染者数は2倍以上の急激な増加を示している」

 28日の新規感染者は120人で、2カ月半ぶりに100人を超え、過去3番目に多い感染者となりました。水曜日としては過去最多で、3日連続で曜日最多を更新しています。自治体別では、最多は静岡市の19人で、浜松市で17人、沼津市が16人などとなっています。

 前日の27日にクラスターに認定された下田市内のバーと接待を伴う飲食店では、それぞれ新たに1人の陽性が確認されました。

 感染者120人のうち、半数が県東部の感染者で、病床使用率も県東部で45%を超えるなどひっ迫しています。県は、駿東田方地域と賀茂地域で特に感染が急拡大しているとして、外出自粛を呼びかけています。

 また専門家会議の意見も踏まえて、今週中にも国のステージ2から3に、県の警戒レベルを5に引き上げる方針です。

This article is a sponsored article by
''.