静岡県御殿場市で、解体予定の市営住宅を利用した消防訓練が行われました。
画像: 本番さながらの緊張感 解体予定の市営住宅で消防訓練 静岡・御殿場市

 御殿場消防署と小山消防署救助隊の16人が参加し、室内に煙が充満した中での放水方法を確認したり、レイアウトなどの情報がないまま室内の救助者を捜索するなど、本番さながらの緊張感で訓練が行われました。

御殿場市・小山町 広域行政組合消防本部  
消防司令 高村真也さん:「これから大変空気の乾燥する時期が来るので、火の取り扱いには十分注意して、火災が発生しないようにご協力いただけると助かります」

This article is a sponsored article by
''.