リニア中央新幹線工事をめぐり、JR東海の金子慎社長は、国の有識者会議の中間報告がまとめられることに、期待感を示しました。
画像: リニア中央新幹線工事 JR東海社長が有識者会議の中間報告に期待感を示す youtu.be

リニア中央新幹線工事 JR東海社長が有識者会議の中間報告に期待感を示す

youtu.be

JR東海 金子慎 社長:「私どもとしては、これ(中間報告)が出来上がると、それをベースに流域のみなさん、地元のみなさんにお話ししないといけないというフェーズをむかえますので、一つ段階が前に進むということになるので、これからまた気を引き締めて、一生懸命取り組んでいきたい」

リニア新幹線工事による大井川の水問題を巡っては、国の有識者会議で議論が続いており、次回、中間報告がまとめられる予定です。
一方、静岡県川勝知事は、トンネル工事による湧水の全量戻しを求めて、JR東海への批判を強めています。

JR東海 金子慎 社長:「静岡県内から流出した水を、静岡県側にもどす方法として、トンネル貫通後に山梨側から戻す方法を提起しているが、これについて、県は納得されていない。引き続き、水の戻し方についても、理解いただくための方策の検討も、続けていく考えです」

JR東海は、今後も大井川流域市町に直接、説明を続けていきたいとしています。

This article is a sponsored article by
''.