スポーツクライミング世界選手権で優勝した藤井快(こころ)選手に、浜松市からスポーツ特別賞が送られました。

鈴木市長からスポーツ特別賞

画像: 鈴木市長からスポーツ特別賞

浜松市北区出身で28歳の藤井快選手は、先月モスクワで行われたスポーツクライミングの世界選手権で男子ボルダリングに出場し初優勝しました。
 午前、浜松市役所を訪れた藤井選手に浜松市の鈴木康友市長からスポーツ特別賞と記念品が授与されました。

浜松市 
鈴木康友市長:「藤井快選手本当に優勝おめでとうございます。是非藤井選手にこれからまた第一線で活躍をしていただいて、パリ五輪へ望んでいただきたい」

パリ五輪への意気込みは

画像: パリ五輪への意気込みは

スポーツクライミング 
藤井快選手:「本当に今までの練習した成果が体に宿っていたというか、培ったものがしっかり僕の意識の外でも無意識に動いてくれていたんじゃないかって思うようなパフォーマンスが出せていたので そのパフォーマンスが常に引き出せるような状況までトレーニングがしっかりできれば、今後の大会ももっともっといいパフォーマンスが発揮できるんじゃないかと思いました」

 また2024年に開かれるパリオリンピックへの意気込みを問われると。

藤井快選手:「僕の年齢を考えるとパリのオリンピックが本当に最後になる可能性が高いので、僕の最初で最後のオリンピックなるかもしれないパリで、必ず出場して金メダルを取って戻って来たいと思います」

This article is a sponsored article by
''.