衆院選の前哨戦として全国的に注目された参議院静岡選挙区の補欠選挙は、無所属で立憲と国民が推薦した山崎真之輔氏(40)が、自民候補らを破り初当選しました。
画像: 参院静岡補選は野党推薦の新人が初当選 勝因・敗因は? 衆院選への影響は? 担当記者に聞く youtu.be

参院静岡補選は野党推薦の新人が初当選 勝因・敗因は? 衆院選への影響は? 担当記者に聞く

youtu.be

開票結果は以下の通りです。
【当選】山崎真之輔氏(無所属) 65万789票
    若林洋平氏 (自民)  60万2780票  
    鈴木千佳氏 (共産)  11万6554票

石田和外キャスター:ここから県政担当の大島記者と選挙戦を振り返ります。。全国注目の参院補選、山崎氏が初当選しました。激戦、接戦でした。

大島英吾記者:「そうですね。激戦だった分、今回の結果に対する衝撃も大きく広がっていると思います」

山崎氏の勝因は

石田:山崎氏・野党の勝利、なにが勝因?

大島:山崎さん本人も話しているとおり、川勝知事が全面的に応援したことが大きいです。17日間の選挙期間中に5日間、知事は山崎さんと並んで演説に立ち、みずからが「県民党の党首」で山崎さんはその「幹事長」だとアピールしました。

画像: 山崎氏の勝因は

 この参院補選は、そのきっかけとなった知事選の延長戦であると強調し、リニア問題について自民党を強く批判しました。こうした知事との連携により、山崎さんも知名度を上げていきました。

石田:野党の動きもあった。

大島:はい。支持を広げたのは、知事の力に加えて野党などの連携もありました。推薦を出した立憲民主党の枝野代表や、国民民主党も玉木代表が応援に入りました。それに労働組合の団体「連合」や、山崎さんがもともと所属していた県議会の会派も動き、この5者の連携によって支持を広げたのだと、山崎さん陣営はみています。

他候補の敗因は

石田:ほかの候補の敗因は?

画像: 若林洋平氏

若林洋平氏

大島:自民党は、自分たちのペースに持っていけなかったといえます。選挙戦では、川勝知事とともに山崎さんがリニア問題を強く訴えたのに対して、自民党もリニアを重要視しつつ、新型コロナウイルス対策や経済再生を主なテーマにしました。陣営は、その結果「風を吹かせられなかった」という分析をしていました。

投票率

石田:今回、投票率がおととしの参院選と比べ5ポイント近く下がっりました。

大島:補欠選挙であることを考えると、決して低くはありません。
ただ、取材していると衆院選との連動でもっと伸びてほしかった、という声は聞かれました。

 その衆院選なんですが、期日前投票率が24日までで10%あまりとなっていて、これは前回4年前に比べて3倍近くに上がっているんです。2つの国政選挙が連動した影響というものが、衆院選には出てくるかもしれないですね。

衆院選への影響

石田:その衆院選に向け、今回のこの補選の結果、与野党に大きく影響しそうですね。

大島:はい。県内では与野党一騎打ちを含め、激戦が予想される選挙区があります。参院補選の結果を受けて、与党は危機感を強め、しっかり分析し、気を引き締め直すとしています。野党にとっては、この勢いを生かし、山崎さん自身も野党系候補の応援に入る意向を示していますが、どこまで波及させられるか、ポイントだと思います。

画像: 衆院選への影響

This article is a sponsored article by
''.