26日朝、静岡県・熱海市の海岸にクジラが漂着しているのが見つかりました。すでに死んでおり、県と専門家が詳しい状況を調べています。
画像: 静岡・熱海市の海岸にクジラの死骸が漂着 体長5メートルで種類は不明

 県熱海土木事務所によりますと、午前8時半ごろ熱海市下多賀の長浜海浜公園付近の海岸でクジラが漂着しているのを地元の観光協の職員が見つけました。県の職員が駆け付けた時にはクジラは波打ち際で動いていない状態ですでに死んでいたということです。

 クジラは体長は5メートルほどで、種類は明らかになっていません。県はクジラが再び沖に戻らないように陸からロープで繋ぐなどの対応を取り今後、専門家とともに漂着の原因を調べる方針です。

This article is a sponsored article by
''.