27日夜から28日朝にかけて、静岡県内では住宅火災が相次ぎ、伊豆の国市では1人が死亡しました。寒さが厳しくなる中で、火の元には注意が必要です。
画像: 今季1番の冷え込み…静岡県内で火災相次ぐ 伊豆の国市では1人死亡…全焼した住宅に住む男性か youtu.be

今季1番の冷え込み…静岡県内で火災相次ぐ 伊豆の国市では1人死亡…全焼した住宅に住む男性か

youtu.be

 27日午後10時20分ごろ、伊豆の国市北江間で「家が燃えている」と近所の人から消防に通報がありました。火はおよそ3時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察は遺体はこの家で一人暮らしをしていた50代の男性とみて、身元の確認を進めています。

 一方、28日午前9時半ごろ、三島市徳倉のアパートでも一室が焼ける火事がありました。当時、部屋の住人は不在で、アパートの別の部屋に住む女性が煙を吸って救急搬送されましたが、命に別状はないということです。

 28日の県内は今シーズン一番の冷え込みとなり、空気が乾燥しやすくなっています。いずれの火災も原因は失火とみられていて、消防は火の元には十分に注意するよう呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.