静岡市の中山間地「オクシズ」の振興策を調査する市議会の特別委員会が、住宅の整備や新産業の創出などを市長に提言しました。
画像: 定住移住の促進策やにぎわいの創出策を市長に提言 中山間地「オクシズ」の振興で 静岡市 youtu.be

定住移住の促進策やにぎわいの創出策を市長に提言 中山間地「オクシズ」の振興で 静岡市

youtu.be

 静岡市議会の中山間地調査特別委員会は、今年4月に市内全域に光回線が開通するのを機にオクシズ地域のあるべき姿を調査・研究してきました。

 提言では定住移住の促進策として多様な住宅の整備や医療のリモート診療の導入。にぎわいの創出策として、ブームとなっているグランピングや
ソロキャンプといったアウトドアを活用した誘客などをあげています。

 提言に対して田辺信宏市長は「様々なアイデアを試してみたい」と答えていました。

This article is a sponsored article by
''.