任期満了に伴う、裾野市長選挙がきのう行われ、新人の村田悠氏が現職を破って初当選を果たしました。
画像: 「時代とニーズにあった施策を展開していきたい」新人・村田氏が現職破り初当選 静岡・裾野市長選 youtu.be

「時代とニーズにあった施策を展開していきたい」新人・村田氏が現職破り初当選 静岡・裾野市長選

youtu.be

 裾野市長選挙は前市議会議員の新人・村田悠氏(34)が3選を目指した現職の高村謙二氏(57)に2千票余りの差をつけて初当選を果たしました。村田氏は、積極的な企業誘致などによる財政再建を公約に掲げていました。

村田悠氏:「道路ですとか公園ですとかいろいろな社会福祉に関して(税金の)使われ方がおかしいと、歳出の使い方を変えてほしいという声がありました。幸せが実感できるように今の時代と市民ニーズにあった施策を今後展開していきたい」

 投票率は50%で前回に比べ0.42ポイント低くなりました。

This article is a sponsored article by
''.