須藤誠人アナウンサー:「こちらのお店(ゲオ静岡インター店)には多くの種類の中古スマホが並んでいます。以前ですと、このように陳列棚にはすき間なく並べられていたということなんですが、正月シーズンになっても人気は止まらず、このように売れてしまって空きがでているところもあります」
画像: 売れてます!中古スマホ 人気のウラに新型コロナ? 安いだけじゃないメリットも 静岡市

販売台数は右肩上がり

 DVDやCDなどのレンタルのほか、中古スマホの販売を全国展開している「ゲオ」では、中古のタブレット端末とスマホを合わせた販売金額が先月は前年比1.3倍を記録しました。コロナ禍になぜ売れているのでしょうか?

画像: 販売台数は右肩上がり

ゲオストア モバイルラウンダー 古橋剛さん:「コロナ禍によって、勉強の仕方が自宅学習に変わったりとか仕事の仕方がテレワークということで、その際に必要なものがやはりタブレットとかスマホになりますので、その需要が増えているのが一因だと思います。2台持ち用で使う人ですね。やはり、コスパを気にする人が多いです」

リモートの広がりが後押し

 教育現場や職場でのリモートの広がりで需要が増しているという中古スマホ。情報通信関連の市場調査などを行うMM総研によると、中古スマホの販売台数は昨年度は過去最高の185万台。今年度は204万台が売れると予測されていて、中古スマホ市場はこの1年だけで10パーセント以上の伸びとなる見込みです。
 最大の特徴は、その値段です。購入金額の平均が、新品ではおよそ6万円なのに対して、中古は半額以下。
 

画像: リモートの広がりが後押し

 さらに最新の機能が付いていないことが、逆に利点になっている場合もあるといいます。

ゲオストア 古橋剛さん:「(最新機種には)顔認証と言って、顔を認識してパスコード、ロックを解除するという機能があるが、コロナ禍で日常的にマスクをするようになって、指紋認証というものが意外とストレスなく指紋で(ロックを)空けられるので、それが搭載されているものが、だいたい(中古で)2万円くらいの価格帯なので、お安いということでそちらも人気となっています」

中古スマホの不安を解消…

一方で、メインで使用するスマホは新品を選ぶ人が圧倒的。中古スマホに不安を感じるという声も。

長泉町民 20代男性:「スマホってわりとプライベートな情報とかけっこう入っていると思うので、一応新しいもののほうが安心かなと」

静岡市民 30代女性:「たとえば知り合いとかからだったら、まだどういった人が使っていたか分かるからあげるにしても もらうにしてもまだいいかなと思うけど、売っている中古だったら怖いから手は出せないです」

富士市民 50代男性「やっぱり新品がいいですね。すぐ壊れちゃうとか、なんかあったときに困る。新品のほうが安心かなと思って」

画像: 中古スマホの不安を解消…

 中古スマホには、保存されていたデータが流出するリスクや耐久性に不安を感じる人も多いようです。ゲオでは、買い取った中古スマホはクリーニングをし、データも消去。バッテリーの劣化がひどい場合は交換するなどして販売しています。

 そして、購入を考えている人の不安を解消するためのサービスも。こちらの男性は初めて中古スマホを買おうとやってきました。

中古スマホを見に来た男性(60代):「バイク用のナビの代わりに使おうと思って。壊れにくいとか、防水がついているとか、あとはナビアプリが使えるとか、そんなところです」

専属販売員が対応

ここで対応するのが、全国400店舗に配属されている中古スマホの専門知識をもった専属の販売員です。

専属販売員:「ナビだけならアプリケーション。何に使うか、機種によって入っているバージョンが違うので、それによって使える機種と使えない機種が出てくるので、その辺も見ていただけたら」

 販売員は客の使用目的を聞き、その用途に使える機種を導き出します。そして、実際に機種を手に取って見てもらうこともします
 ある程度、下調べをしてきた男性客。しかし「格安携帯電話会社の契約でも端末が使えるかどうか」詳しく説明を聞いていました。

画像: 専属販売員が対応

中古スマホを見に来た男性(60代):「格安のSIMをネットかなんかで注文して、させば即使えるのか?」

専属販売員:「こちらはauの商品になるので、auの電波のSIMカードでしたらご利用いただけるんですけど」

中古スマホを見に来た男性(60代):「auのなんでしたっけ、povoとかありますよね?」

専属販売員:「povo(auの新料金プラン)でしたら大丈夫です。auかpovoとか」

中古スマホを見に来た男性(60代):「シムロック解除されたものだと、どこでも簡単に使えるのかなと思っていたが、なかなかそうは行かないよという話があって、素人があんまりネット販売で買うとそういう失敗に陥ったりするのかなと思った。やっぱお店というのはそういうところが安心ですよね」

まだまだ好調が続く?

 社会環境も中古スマホ市場に追い風となっています。国は去年10月、スマートフォンの端末と携帯電話会社を紐づけるシステム「SIMロック」を原則禁止に。どこの携帯電話会社と契約していても、自由にスマホ端末を選ぶことができるようになりました。

 また、携帯電話会社の様々な格安プランも人気を後押しするなど、今後も好調が続くと期待が高まっています。

ゲオストア モバイルラウンダー 
古橋剛さん:「利用料金、通信料金の値下げがあったことで、お客様の使い方が2台持ちというような、ひとりでプライベート携帯と何か専用、動画を視聴する、ゲームをするとかのスマホを持つ、みたいな感じでも2回線で使う、2台持ちという利用方法が増えて行ってますので、まだまだ伸びるのかなと思います」

This article is a sponsored article by
''.