夏の前哨戦となる春の高校野球県大会。去年夏、甲子園出場を果たした静岡高校が準々決勝で強豪常葉大橘と対戦しました。
画像: 静岡高校・法月投手の公式戦初完投で強豪・常葉大橘下す 浜松開誠館は日大三島破り初のベスト4 春の高校野球静岡県大会準々決勝 youtu.be

静岡高校・法月投手の公式戦初完投で強豪・常葉大橘下す 浜松開誠館は日大三島破り初のベスト4 春の高校野球静岡県大会準々決勝

youtu.be

 去年夏、甲子園で初戦敗退の悔しさを味わった静高。夏への弾みにしたい春の県大会、準々決勝の相手は中部の強豪・常葉大橘です。静高のマウンドには春の大会初先発の法月。その法月は序盤、打たせて取るピッチングで去年甲子園を経験した鉄壁の三遊間、サード山岸、ショート山本の守備にも支えられ4回までノーヒットピッチング。

 5回、静高は、2アウト2塁で甲子園でタイムリーを放った1番山本がライト線への2塁打。勝負強さを見せ静高が先制します。

 6回にも1アウト満塁のチャンスを迎えた静高は8番山根がタイムリー。さらに7回にも1点を加え、3対0とします。

 6回までヒット1本に抑えられていた橘は7回、5番望月がレフト前にヒットを放ち、1塁3塁のチャンスを作ると、6番花房のファーストゴロの間に三塁ランナーがホームへ。1点を返します。

 しかしその後は、法月が橘打線に付け入る隙を与えず、公式戦初完投。「この夏こそ甲子園での勝利を」。大きな目標を見据えた静高が春の県大会ベスト4に進出です。

山本和輝選手(3年):「夏の県大会では勝って甲子園に乗り込んでいったが、夏の甲子園の難しさを自分と山岸は肌で感じているので、そういうものをチームにいい雰囲気を与えられるように頑張っている」

浜松開誠館が優勝候補・日大三島を下し初のベスト4

画像: 浜松開誠館が優勝候補・日大三島を下し初のベスト4

 つづく第2試合は、春のセンバツに出場した日大三島と浜松開誠館の一戦。3対3の同点で迎えた6回、浜松開誠館は2アウト3塁1塁のチャンスでここまで3安打の1番広崎。三遊間を破るヒットが、試合を決める決勝タイムリー。

 優勝候補の日大三島を下した浜松開誠館が、創部初の春の県大会ベスト4進出です。

静清と掛川東もベスト4に

 その他の結果です。静清が御殿場西に3対1逆転勝ち。掛川東が強打の浜松工との乱打戦を制し、こちらも創部初の準決勝進出です。

This article is a sponsored article by
''.