浜松市の自宅で大麻を栽培したとして60歳の男が逮捕されました。自分で使うために栽培したとみられています。
画像: 押収された大麻草など(静岡県警提供)

押収された大麻草など(静岡県警提供)

 浜松市西区舞阪町の60歳のパラモーターインストラクターの男は、自宅で大麻草2本を栽培した疑いが持たれています。警察によりますと、男は一人暮らしで自宅からは鉢植えに入った大麻草以外にも、照明器具や大麻の種が見つかり、警察が押収したということです。男は「自分で使うためだった」などと容疑を認めていて、警察は種の入手経路などを調べています。

This article is a sponsored article by
''.