富士山を囲む静岡県東部の4市1町が、共同で2050年までに二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指すと宣言しました。
画像: 「二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す」富士山を囲む静岡県の4市1町が共同宣言 youtu.be

「二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す」富士山を囲む静岡県の4市1町が共同宣言

youtu.be

 24日午前、富士市、富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町の4市1町の首長らが御殿場市に集まり、2050年までに地域の二酸化炭素の排出量、実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ共同宣言」をしました。宣言では、「富士山麓の森林保護」をはじめ「エネルギーの地産地消」、「環境負荷の少ない交通の普及促進」などに取り組むとしています。

富士市
小長井義正市長:「富士山麓の森林資源を後世に繋いでいくという大きな使命を持っているので、身近な生活の中でCO2をいかに削減していくのか、そんな取り組みを着実に進めていければ良いと思っています」

This article is a sponsored article by
''.