サッカーJ1清水エスパルスは、新監督にブラジル人のゼ・リカルド氏の就任を発表しました。
画像: リカルド氏(提供:SーPULSE)

リカルド氏(提供:SーPULSE)

 リカルド氏は現在51歳。これまでブラジルの名門クラブ・フラメンゴやインテルナシオナルなどで監督を歴任。直近までは、ブラジル2部、ヴァスコ・ダ・ガマの監督を務めており、海外での監督経験はカタールに続き、2クラブ目。自身初となるJリーグでの挑戦を決めました。

 エスパルスは5月30日、成績不振を理由に平岡宏章監督の契約解除を発表。その後、新体制発表まで暫定的な立場で篠田善之監督の下、先週水曜の天皇杯を戦っていました。

 リカルド氏はクラブを通じ、「清水エスパルスの監督のオファーをいただき、大変うれしく光栄に思っている。伝統のあるクラブのユニフォームを守っていくことは、大きな名誉。一日も早く選手たちやサポーターの皆さんに会うことができるのを楽しみにしている」とコメント。近く正式な新体制発表を予定しています。

This article is a sponsored article by
''.