J1リーグ16位と低迷し、ゼ リカルド新監督のもと再スタートを切った清水エスパルスが、新監督の初陣を勝利で飾りました。今シーズンホーム初勝利です。

ゼ リカルド新監督でホーム初勝利

リカルド新監督合流から4日で迎えたホームでの福岡戦。6試合ぶりの勝利を目指すエスパルスは前半7分、サンタナのパスを受けた神谷がクロス。うまく合わせた西澤がゴール。貴重な先制点を奪います。
 11分には福岡のコーナーキックからのピンチ。37分にはクロスから危ない場面を迎えますが、日本代表GK権田が抜群の反応でチームを救います。
 すると41分、先制点を挙げた西澤が鋭いクロス。これをサンタナがドンピシャヘッド!試合の主導権を握ります。

 このあと1点を失いますが後半40分、サンタナが粘り強くボールをキープするとスルーパスに途中出場のベンジャミンコロリ。シュートは美しい放物線を描きゴールへ。エスパルスが待ちに待った今シーズンホーム初勝利。リカルド新監督のもと、巻き返しが始まります。

1ゴール1アシスト
西澤健太選手(25):「監督が代わったが僕らも変わらないといけないのは、権田選手も含めてみんなで話をしていて体現できた。勝ち点を落とさない、勝ち点を取り続けるところはチームとして必ずやっていかなければいけないところだと思うので、熱い気持ちと冷静な頭を持ってしっかり戦っていきたい」

北川航也選手が3年ぶり復帰

画像: 北川航也選手が3年ぶり復帰

そのエスパルスにうれしいニュースが飛び込んできました。オーストリアのクラブに所属する元日本代表のフォワード北川航也選手が3年ぶりにエスパルスに復帰することが決まりました。
 静岡市出身で中学生からエスパルスの下部組織に所属していた北川選手は、2015年にトップ昇格、2018年には13ゴールを挙げエースに成長。その活躍を足掛かりに2019年にオーストリアのラピード・ウィーンに移籍。しかしケガなどもあり思うような結果は残せませんでした。
 北川選手は「またエスパルスのエンブレムを背負って闘えることを、とても嬉しく思います。自分の持っている力の全てをチームに還元していきます」とコメントしています。復帰会見は23日の予定です。

This article is a sponsored article by
''.