熱海市の土石流災害をめぐり斉藤栄市長が27日夜、初めて遺族らに直接謝罪したことがわかりました。
画像: 「不備があったことは申し訳なかった…」 土石流災害めぐり市長が遺族らに直接謝罪 静岡・熱海市 youtu.be

「不備があったことは申し訳なかった…」 土石流災害めぐり市長が遺族らに直接謝罪 静岡・熱海市

youtu.be

 2021年の土石流災害では違法な盛り土が被害を甚大化させたと指摘され、これまでに熱海市の手続きに不備があったことが明らかになっています。27日夜、市役所で行われた非公式の会談には、斉藤栄市長と被害者の会の会長である瀬下雄史さんら3人が出席しました。

 関係者にりますと、冒頭斉藤市長から「行政として不備があったことは申し訳なかった」と謝罪があったという事です。これに対し瀬下会長は、「謝罪は受けとめたいが、市として被害者救済のために血の通った対応をお願いしたい」と要望したということです。

This article is a sponsored article by
''.