静岡県伊豆の国市の参院選期日前投票所で、投票用紙の二重交付があったことが分かりました。
画像: 参院選の投票用紙を二重交付 投票されていれば「有効」 静岡・伊豆の国市 youtu.be

参院選の投票用紙を二重交付 投票されていれば「有効」 静岡・伊豆の国市

youtu.be

 伊豆の国市選挙管理委員会によりますと、1日、期日前投票所閉鎖後、選挙区の投票用紙の残り枚数が比例代表の投票用紙の残り枚数よりも1枚少ないことが分かりました。1日午後7時ごろ、担当者がそれぞれの投票用紙を確認した際は残り枚数が一致したことから、その後1時間の間に二重交付があったとみられています。その投票用紙が投票箱に入れられていた場合は、有効票として扱われます。投票所の担当者に対する聞き取りでは、同一の有権者へ選挙区の投票用紙を2枚交付したことは確認できなかったということです。

 伊豆の国市選挙管理委員会は、投票所の湿気や気温が高く、手や指が汗ばんで投票用紙を重ねて交付した可能性があるとしています。

This article is a sponsored article by
''.