石油元売り大手ENEOSは静岡市清水区に次世代型エネルギーの供給拠点を構築すると発表しました。
画像: ENEOSが次世代型エネルギーの供給拠点を構築…メガソーラーや大型蓄電池を設置 静岡・清水区 youtu.be

ENEOSが次世代型エネルギーの供給拠点を構築…メガソーラーや大型蓄電池を設置 静岡・清水区

youtu.be

 ENEOSによりますと、静岡市清水区の袖師地区にある清水製油所跡地の約4万2000平方メートルにメガソーラーや大型蓄電池を設置する計画で2023年度初頭に着工するということです。

 ENEOSは静岡県と静岡市、それぞれと次世代型エネルギーの推進に関わる基本合意書を交わしていて供給拠点の構築に向け検討を進めていました。2024年の4月には稼働させJCHOが移転建設する予定の「清水さくら病院」や静岡市清水文化会館マリナートなどの周辺施設に電力を供給します。

 ENEOSは災害時に自立的にエネルギー供給を行うことにより地域の防災に貢献したいとしています。

This article is a sponsored article by
''.