土石流災害から3年被災現場近くの小学校で追悼式参列者が28人の犠牲者を悼み黙とう捧げる

熱海市の土石流災害から3日で3年です。現地では追悼式が行われ、参列者が犠牲者を悼みました。

 2021年7月3日熱海市伊豆山で大規模な土石流が発生し、災害関連死を含め28人が亡くなりました。

 3日午前被災現場近くの小学校では追悼式が行われ、参列者が花を手向けました。

鈴木康友知事:
「避難生活を強いられている住民の皆様が安心して帰還でき、1日も早く穏やかな日常を取り戻せるよう努めてまいります。引き続き、熱海市と共に被災された方々の生活再建と、伊豆山地区の復興に全力で取り組むと共に、このようないたましい災害が二度と起こらないよう安全な地域づくりを推進してまいります」

(サイレン) 

そして最初に通報があった午前10時28分にサイレンが鳴り、被災者らが犠牲者を悼み黙とうを捧げました。

被災した太田滋さん:
「サイレンの音を聞くと、3年前を思い出すようななんか悲しい思いになりました」

太田かおりさん:
「1年目からずっと、7月3日になると、何となく体調がすぐれていないなと思っていて、やっぱり忘れられない部分があったり、戻れないことへのストレスだったりがあるとけさ思った」

 警戒区域は去年9月に解除され、住民が元の家に戻れるようになりましたが、避難した227人のうち元の場所に戻ったのはわずか47人。

 いまだに63人が避難生活を続けています。