価格高騰・品不足…今、主食の「米」に異変が・原因は”暑さ”

私たちの食生活に欠かせない「お米」。価格高騰や、出荷される量が減るなど、今、影響が出始めています。原因は“暑さ”です。

宮﨑玲衣アナウンサー:
「静岡市内のスーパーマーケットです。こちら、ずらーーとお米が並んでいるんですが、このように売り切れているものもあります。」

 私たちの主食 「お米」に今、異変が・・・。

田子重西中原店 増田克己店長:
「6月1日から一切(米の)特売はやっていない」

 静岡市内のこちらのスーパーでは、「米」に関して一部商品の値上げを行ったほか、店の売上げにも大きく影響を与える「特売」を中止するという苦渋の決断をしました。

田子重西中原店 増田克己店長
「去年の猛暑でお米が生育不良で、実際に取れた大きさより小さいということで、たくさんの量が確保できなかった」

 背景にあるのは、去年の“記録的猛暑”。

 新潟など、米の主要産地で、生育不良により割れてしまう米や、高温障害で白く濁った米が多くなったことで、全体の供給量が少なくなっているといいます。

田子重西中原店 増田克己店長
「今後本当にお米を確保するのが大変ということになれば、個数制限も仕方がないと思う」

米こめ倶楽部

米こめ倶楽部 オーナー加藤 進社長
「たぶん9月ぐらいからは申し訳ないが、少し値上げを考えないと成り立たなくなる」

 静岡市葵区で精米や弁当などを販売するこちらのお店。

 やはり、価格上昇に頭を悩ませていました。

米こめ倶楽部 オーナー加藤 さん
「今使っているもの(米)もいつまで使えるかわからない。(今後)値上がりの仕方が微妙とかじゃなくて1割2割の感じで上がってくるのでは、と言われているので、実際のところ心配はしている。特に新米が出た時にどうなってしまうんだろうと・・・」

 今は味と価格のバランスを考えて、宮城県産の「ひとめぼれ」を仕入れているといいますが、それもいつまで続けられるかわかりません。

米こめ倶楽部 オーナー加藤 進社長

マルサ佐野商店

 店に米を納品している業者からも“実情”が明かされました。

Q:お米は仕入れにくくなっている?

マルサ佐野商店 神田宏和 営業部長
「ちょっと買えない状態になっている」

Q:問屋さんが?

「そう、高くて。今ある在庫でまわすような形なので、
お客さんには迷惑かけているがしょうがない」

Qどのくらい(仕入れ価格は)上がっている?

「(10キロあたり)1000円強ぐらいは」

 私たちの食生活に大きな影響を与える「お米」の品不足。

 静岡市のスーパー田子重 増田店長によると、関係者の間でも新米が出回る8月以降は、去年よりも1キロあたり100~200円の値上げが予想されているということです。

マルサ佐野商店 神田宏和 営業部長