高校生に自転車用ヘルメットの着用を呼びかける 企業が静岡県に啓発チラシを寄贈

 高校生に自転車用ヘルメットを着用してもらおうと、静岡県に啓発チラシが寄贈されました。

 寄贈したのは東京海上日動火災保険静岡支店です。自転車で通学する機会が多い高校生に、ヘルメットの    着用を促す内容で、デザインは静岡市内の高校生が担当しました。

 静岡県によりますと2024年、高校生の自転車事故は6月末までに384件発生していて、1人が亡くなっているということです。

 寄贈された2万枚のチラシは、県内の高校に配られるほか啓発イベントなどで使用されるということです。

東京海上日動火災保険会社・東秀明・静岡支店長:
「自分を守るための手段というのは自分でやるんだということが、少しでも県内に高校生の皆さんに少しでも広がればありがたい」