きのう9日、新型コロナウイルスの対策を協議する静岡県の専門家会議が開かれ、感染の流行期を表したフェーズを一段階引き下げることで一致しました。
画像1: 0910ha.mp4 vimeo.com

0910ha.mp4

vimeo.com

 昨夜の専門家会議では、先月下旬から1週間当たりの新規感染者が10人台であることなどを踏まえ、感染流行期のフェーズについて、5段階で上から2番目の「感染移行期後期」から一段階引き下げ、「感染移行期前期」とする
意見でまとまりました。これを受け、県はあすにもフェーズを引き下げる見通しです。
 今月に入り、県中部・西部で新規感染者はいませんが、先月上旬から感染経路不明の感染者が3割になっていて、県はマスクの着用など感染予防対策の継続を呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.