リーグ開幕に向けて18日午前、初練習を行ったJ2ジュビロ磐田。「最低でも2位」を目標に、J1復帰を目指すチームに頼もしい男が帰ってきました。新しくコーチに就任したジュビロのレジェンド・中山雅史さんです。
画像: ジュビロ磐田が始動!12年ぶり復帰のゴン中山コーチ「いいね~」早速、選手とコミュニケーション

 ゴン中山の愛称で、サポーターから熱烈な支持を集め、Jリーグでは、歴代3位の157得点を記録。フランスワールドカップで日本人初ゴールを決めるなど、記録にも記憶にも残るストライカーとして活躍してきました。

 J3アスルクラロ沼津での現役生活にひとまずピリオドを打ち、12年ぶりに古巣復帰した中山新コーチにスタッフ・選手からも早速、期待の声が上がっています。

鈴木政一監督:「彼のメンタル面も含めたところで、フォワードの課題としてある『得点力』につなげていければ。彼に来てもらうことに関してはチームに対して本当に(影響力は)大きい」

FW大津祐樹選手(マリノスから):「子どもの頃から憧れていた選手なので、本当に素晴らしい選手であり、素晴らしい経験をしてきた選手だと思うので、いろんなものを吸収していきたい」

MF鹿沼直選手(FC相模原から):「昨年、個人としてはシュートを外しすぎたので、シュートの極意を聞きたい」

 小川航基選手など、若いストライカーに自らの経験を伝えることも役割となる中山コーチ。早速、選手たちと積極的にコミュニケーションを取る姿が見られました。

中山コーチ:「いいね~・・・おお!素晴らしい。うお〜い、すげえ、素晴らしい、すごい」

 新加入選手も合流し、和やかなムードと、どこか緊張感漂う中で始動した2021年のジュビロ。目指すはJ1復帰のみです。

DF大井健太郎選手:「お世話になった方たちのもとでできるのは幸せなことですし、身の引き締まる思い出プレーもできるので、個人的なは非常にうれしい」

This article is a sponsored article by
''.