静岡市内の家庭用ごみ集積場に産業廃棄物を不法投棄したとして、産廃処理会社の役員ら3人が逮捕された事件で、産廃は市の指定ごみ袋に入れて捨てられていたことが分かりました。
画像: 静岡市提供

静岡市提供

 不法投棄の疑いで逮捕されたのは、静岡市駿河区にある産業廃棄物処理会社の55歳の代表取締役と56歳の取締役ら3人で、去年10月ごろ、駿河区の3カ所の家庭用ごみ集積場にビニールなどの廃プラスチック約57キロを不法投棄した疑いが持たれています。警察は3人の認否を明らかにしていません。

 警察によりますと、ビニールなどが捨てられていた集積場は、逮捕された役員らの自宅の近くで、廃棄物は市指定のごみ袋に入れてあったということです。静岡市からの通報を受けて、事件が発覚しました。
 通常、廃プラスチックの処理には1トンあたり3万円ほどの費用がかかるとみられていて、警察は役員らが会社の業績悪化を理由に、ごみの処分費用を抑えようとしたとみて捜査しています。

This article is a sponsored article by
''.