悲願のJ1復帰へー。
 鹿児島キャンプで、和やかな中にも、緊張感をもってトレーニングに励むジュビロ磐田。去年に続き、チームの指揮をとるのは鈴木政一監督。
画像1: 鹿児島キャンプリポ【ジュビロ磐田編】 新チーム初の練習試合は快勝 ゴン中山コーチもげき飛ばし…

 

画像2: 鹿児島キャンプリポ【ジュビロ磐田編】 新チーム初の練習試合は快勝 ゴン中山コーチもげき飛ばし…

鈴木監督:「攻撃面では『得点力アップ』。判断を共有した中でのプレーの精度を、攻撃のところで絶対に上げていかなければいけない」

ゴン中山コーチがげき

画像: ゴン中山コーチがげき

 今季、コーチに就任したゴン中山コーチがげきを飛ばします。 中山:「遅~い!もっと前に行かないと特にニア。タイミング良くしっかり入ってよ」

 クロスに入るタイミング、ポジショニングなど細かく指示。選手たちにイメージを共有させネットを揺らす、感覚を研ぎ澄ませています。

新チーム初の練習試合は6-0

画像: 新チーム初の練習試合は6-0

 そして、新チームになって初となる地元大学との練習試合。  1本目の9分。三木が相手のパスをカット。大森につなぎショートカウンター、クロスに飛び込んだのは吉長。新チームでの初ゴールは吉長のダイビングヘッド。ここからジュビロがゴールラッシュが始まります。15分には吉長の折り返しを三木がゴール。 2本目の19分には、スペースに入ってきた山田。ラストの3本目には小川航基がワンツーで抜け出し、右足を振りぬきます。小川航基のゴールで締めくくり、初の実戦はトータル6点。監督が求める「得点力アップ」に手ごたえを感じる結果となりました。

練習試合
ジュビロ磐田6-0鹿屋体育大学

吉長真優選手:「J1昇格が目標なので、結果で貢献したい目標は3点以上取りたい」

This article is a sponsored article by
''.