新型コロナの経済政策で、18歳以下を対象に行われる10万円相当の給付。現金とクーポンに分けると経費が高くなる、という課題もある中、島田市はすべて現金で給付する方針を示しました。
画像: 全額現金支給の静岡・島田市長「子育て世代の方々に一番喜んでいただける選択」 18歳以下対象の10万円相当支給 youtu.be

全額現金支給の静岡・島田市長「子育て世代の方々に一番喜んでいただける選択」 18歳以下対象の10万円相当支給

youtu.be

「18歳以下への10万円相当の支給」

政府は現金5万円と5万円分のクーポンを2回に分けて給付する方針です。給付金が貯蓄に回らないように採用されたというクーポン。しかし、これにより事務経費が900億円も膨れ上がる見込みだというのです。

ただ、2回目の5万円支給は自治体の判断によって、現金に変更することもできます。県内の自治体でいち早く、いずれも現金で支給する方針を示したのが島田市です。

島田市 
染谷絹代市長:「まず子育て世代の方は、1日でも早く手元に受け取りたいだろうということ。またクーポンは印刷経費も、そして時間もかかる。子育て世代の方々に一番喜んでいただける、そういった選択をした」

島田市の支給対象者はおよそ1万5500人。クーポンの場合、手渡しが必要で市民の負担が増すことも理由の一つだそうです。

島田市
染谷絹代市長:「私の個人的な意見だが、今回の子ども給付はバラマキに近いと思っている。子どもを育てるうえの環境を整えることこそ、一番子育て世代にとっては継続的に続く支援。お金はもらったときはうれしいが、その時だけ。そういった施策を今回もまたするということに対して私は疑問を持っている」

島田市民は―

島田市民 40代:「やっぱり現金の方が使い道がいろいろ幅が広がるので、現金支給の方がうれしい。クーポンだと、もしかすると期限があるかもしれないので、現金の方がありがたい」

This article is a sponsored article by
''.