福岡県で行われた女子プロゴルフツアーほけんの窓口レディースで、静岡県熱海市出身の渡邉彩香プロがプレーオフを制し、今シーズン初優勝を飾りました。
画像: 渡邉彩香プロ

渡邉彩香プロ

 最終日、2位と2打差のトップで出た渡邉は、16番のバーディートライ。これを沈め、この日6つ目のバーディーを奪います。
  
 しかし、次の17番をボギーとし、猛追する高橋彩華とのプレーオフにもつれ込みます。

 互いに譲らず迎えたプレーオフ2ホール目。渡邉は10メートルを超えるバーディーパットを決めました。その後、高橋がバーディーパットを外したため、渡邉が今シーズン初優勝。おととし6月のアース・モンダミンカップ以来1年11カ月ぶり、ツアー通算5勝目をあげました。

This article is a sponsored article by
''.